スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
マンセル表色系(マンセルひょうしょくけい)
色彩


マンセル表色系(マンセル・カラー・システム)は、色の3属性に基づいた色彩を表現する体系の一種で、1905年にアメリカの美術教師マンセルが考案した色彩体系のことです。

マンセル表色系は、すべての色は、色相、明度、彩度の3属性に従って分類され、100の色相が11段階の明度と14段階の彩度で表されています。現在使われているのは、1943年にアメリカ光学会が視感評価実験により修正した、修正マンセルシステムです。

日本では、規格や表示法の大部分がこのマンセルシステムに基づいて定められており、色の複製・再生産、評価、記録、伝達などに広く活用されています。
スポンサーサイト
| 色彩関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
プルキンエ現象
色彩


プルキンエ現象は、昼間など周囲が明るい時には赤やオレンジ色の対象物が見えやすく、周囲が暗くなるにつれて青や緑の対象が鮮やかに見え、赤やオレンジ色の対象物がくすんで見える現象をいいます。

プルキンエ現象は、周囲の明るさによって波長感度が変わることです。
| 色彩関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
補色(ほしょく)
色彩


補色は、色相環上の反対に位置する色のことで、補色残像が見られる互いの2色の色相関係のことです。

例えば、赤の補色は青緑です。補色関係にある2色を混ぜると無彩色になります。
| 色彩関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トーン(tone)
色彩


トーンは、色の調子のことで、色の3属性のうち、明度と彩度によってもたらされる色の調子のことです。
| 色彩関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。