スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
外毛根鞘(がいもうこんしょう)
皮膚


外毛根鞘は、毛根を包んでいる外側のさやで、毛幹と内毛根鞘を支える働きをすると言われています。

外毛根鞘は、表皮の基底細胞や有械細胞に似ているが、毛母細胞から生じたものではありません。
スポンサーサイト
| 皮膚関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
演色性(えんしょくせい)
色彩


演色性は、光源が色の見え方に及ぼす影響の性質のことです。演色は、光源の波長特性が異なることによって起きます。

美容室など微妙な色を扱う場所では、色を正確に判断するために、この演色性を考慮して光源を決める必要があります。

光源の演色が良いか悪いかを知る尺度として演色評価数を用います。
| 色彩関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
安全性
元素図


安全性は、化粧品が必ず備えていなければならない基本的品質(必要品質)の1つです。

続けて使用しても皮膚に不都合が生じたり、使用中に危険性がないこと、つまり化粧品を使用する人の皮膚に、悪い影響を与えない品質のことです。
| 化粧品関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
アイメイクアップ
メイクアップ


アイメイクアップは、目の周囲に色を入れたり、陰影をつけたり、また眉の形を整えて美しく装うために用いる化粧法のことです。

アイメイクアップには、アイカラーやアイライン、アイブロー、マスカラ、アイラッシュなどを使用します。
| メイクアップ関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
エラスチン線維
皮膚


エラスチン線維は、真皮組織線維の1つで弾力線維ともいい、エラスチンというコイル型のタンパク質からできている弾力性のある線維のことです。

エラスチン線維は、真皮の3~4%ですが、乳幼児に多く、年を重ねるごとに滅っていきます。
| 皮膚関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
色立体
色彩


色立体は、色相、明度、彩度の関係を立体で表わしたもので、色相、明度、彩度の3属性を座標にとり、色を系統的に組み立てて模型化したものです。

色立体を縦に切断すると、無彩色軸を中心にして相対する色相の面(等色相面)が現れ、色立体を水平に切断すると、明度の等しい色相の面(等明度面)が現れます。
| 色彩関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
アルキルジメチルアミノ酢酸ベタイン
元素図


アルキルジメチルアミノ酢酸ベタインは、水に溶けると分子がプラスイオン部とマイナスイオン部をもつもので、両性界面活性剤の代表例です。

アルキルジメチルアミノ酢酸ベタインは、シャンプー、リンスなどに使われ、髪を柔軟にしたり、帯電を防止したり、しっとりさせるなどの効果があります。
| 化粧品関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
アイホール
メイク用具


アイホールは、目の上まぶた、眼球と眉弓骨(眉の下で骨が張り出している部分)との境目の溝をさします。

日本人は、アイホールがはっきりしていない人が多いですが、西洋人は、アイホールがはっきり分かります。

化粧のときは、アイホールに多少濃い色をつけることで、目元の立体感が強調され、大きく見えます。
| メイクアップ関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
エクリン汗腺
皮膚


エクリン汗腺は、小汗腺ともいわれ、□唇、陰部を除く全身に分布している汗の分泌腺で、真皮や皮下組織にあって、出口の汗孔は皮膚表面の皮丘の中央にあります。

エクリン汗腺から出る汗の成分はほとんどが水分で、さらっとしていて、無臭、無味、皮膚の表面の殺菌をする働きもあります。

エクリン汗腺の汗腺には盛んに活動している汗腺と不活発な汗腺があり、3歳頃までの間に汗腺が活発に働くような気温環境で過ごした人は働く汗腺が多く、あまり汗をかかない環境ですごした人は働く汗腺が少ないといわれ、その数には個人差があります。
| 皮膚関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
色の3属性(いろのさんぞくせい)
色彩


色の3属性は、赤や黄などの色みの違い(色相)、明るい・暗いという明るさ感の違い(明度)、冴えた・くすんだという強さの違い(彩度)、という3つの要素のことです。

この色相・明度・彩度の色の3つの性質を総称して、色の3属性といいます。
| 色彩関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
アニオン界面活性剤
元素図


アニオン界面活性剤は、水に溶かした時に分子の親水部分がマイナスイオンに解離するもので、界面活性剤のタイプの1つです。

アニオン界面活性剤は、皮膚への刺激性が少なく、また洗浄力が強く、泡立ちがよいとされています。そのためアニオン界面活性剤は、石鹸、シャンプー、洗剤などに使われています。
| 化粧品関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
アイブローメイクアップ
メイク用具


アイブローメイクアップは、眉の化粧のことで、眉の毛流を整え、カットしたり抜いたりして形を整えた後、眉の形などを生かしながら、好みの形に眉を描き足します。

眉の形は、メイクの中でも特に流行が反映されやすいといわれています。

眉の形を大きく分けると、ストレート、コーナー、アーチなどに分けられますが、さらにそこに眉の濃さ、太さ、長さ、角度などの要素が加わって、様々な形が形成されます。

アイブローメイクアップは、この眉の形、眉の動き方などを生かしながら、描くことが大切です。
| メイクアップ関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
アポクリン汗腺
皮膚


アポクリン汗腺は、大汗腺といわれ、エクリン汗腺に比べ大きい汗の分泌腺です。思春期になって、わきの下、乳輪、陰部、 外耳道など、身体の決まったところに発達します。

アポクリン汗腺から出る汗の成分は、タンパク質、糖類、アンモニア、鉄分、色素、脂肪酸などで、無臭、無味なのですが、細菌などによって分解され独特の臭いを発するため、わきがの原因になります。

わきがの臭いの強い人は、このアポクリン汗腺が多い体質の方です。
| 皮膚関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
暗清色(あんせいしょく)
色彩


暗清色は、シェードカラーといわれ、ある色の純色に黒を加えてできる色で、純色に黒を加えていくと色は次第に黒っぽくなります。

明度の低い黒を加えるので、明度は黒を加えるほど低くなり、彩度も低くなります。
| 色彩関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
アシルアミノ酸塩
元素図


アシルアミノ酸塩は、アミノ酸を原料にしたアニオン界面活性剤で、アミノ酸石鹸ともいわれています。

アシルアミノ酸塩は、皮膚と同じ弱酸性を示し、皮膚への刺激が少ないとされています。

アシルアミノ酸塩は、シャンプー、洗顔クリーム、歯磨き、ベビー石けんなどに広く使われています。
| 化粧品関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
アートメイク
メイク用具


アートメイクは、顔をキャンパスとして、自由に創作(アート)するメイクのことです。

アートメイクには、美しく見せる実用的なアートメイク、装飾的なアートメイクなど、表現方法、手法にもいろいろあります。

またエステティックでは、アートメイクは刺青とは違って数年で徐々に色が薄くなる、落ちないメイクのこと、つまり色素を入れる技術の一般呼称と使われています。

アートメイクが可能な部位は、アイライン、眉、唇、乳輪などです。
| メイクアップ関係 | コメント(1) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。