スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
コンドロイチン硫酸
皮膚


コンドロイチン硫酸は、真皮組織のゼリー状物質(基質)の成分で、水分保持の役目をしています。

コンドロイチン硫酸は、乳幼児に多く、年を重ねるごとに滅っていきます。
スポンサーサイト
| 皮膚関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
純色(じゅんしょく)
色彩


純色は、各色相の中で、ピュアカラーともいわれ、最も彩度が高い色、強い色のことです。

つまり純色は、ト一ン分類の中でビビッド・トーン(色みが強く、冴えた色調)の位置にある色のことです。
| 色彩関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
化粧品原料基準
化粧品


化粧品原料基準は、化粧品の品質を保つために、使用される一般原料について定めた基準で、約600種が基準化されています。

また、化粧品原料基準外成分として、約2,000種が認められています。
| 化粧品関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
光沢(こうたく)
メイクアップ


光沢は、つや、光のことで、光が当たった時に光るパールのような光沢感と、濡れたような光沢感の2つがあります。

また化粧品の中には光沢を出すために、ラメなどの輝くものが含まれている場合もあります。
| メイクアップ関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
コラーゲン線維
皮膚


コラーゲン線維は、真皮組織線維の主体で、膠原線維(こうげんせんい)ともいいます。

コラーゲンというひも状のタンパク質からなる丈夫な太い線維で、真皮の約70%を占めます。

コラーゲン線維は、年を重ねるごとに、太く硬くなります。

| 皮膚関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
色料の3原色
色彩


色料の3原色は、絵の具、印刷、染料などに用いられる、マゼンタ(赤紫)、イエロー、シアン(緑みの青)を指します。

シアンとマゼンタを混ぜると青に、マゼンタとイエローで赤に、イエローとシアンで緑になり、他のすべての色料も3原色を適当な割合で混ぜ合わせることで作ることができます。

色料の3原色を混ぜ合わせると明度が下がるので、それを減法混色といいます。
| 色彩関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
化粧品
化粧品


化粧品は、皮膚をきれいにしたり、見た目を美しくする目的で、塗ったりするものをいいます。

化粧品は、薬事法の定義によると、「人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し容貌を変え、または皮膚もしくは毛髪をすこやかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体への作用が緩和なもの。」とされています。

化粧品は、製造、販売に許認可が必要となっています。
| 化粧品関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
化粧下地(けしょうしたじ)
メイクアップ


化粧下地は、ファンデーションや白粉(おしろい)などを塗るために、乳液や美容液、ジェル、クリームなどを使用して肌を整えること、またはその製品をいいます。

化粧下地に使用する製品は、肌質やメイクの仕方、湿度や乾燥の程度などの周りの状況により、適切なものを選ぶこと大切で、ファンデーションとの相性や化粧ののりの良し悪しを左右します。
| メイクアップ関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ケラトヒアリン顆粒
皮膚


ケラトヒアリン顆粒は、表皮の顆粒細胞にある顆粒のことで、角化作用の段階で角質細胞が硬いタンパク質になるのを助ける役目をします。
| 皮膚関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
可溶化(かようか)
化粧品


可溶化は、水に溶けにくい物質を界面活性剤を用いて透明に溶かすことです。

水に溶けた界面活性剤の集合体をミセルと呼びますが、このミセルに物質が取り込まれて、透明な状態になります。化粧水に香料などを溶かすのに使います。

| 化粧品関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
色相環(しきそうかん)
色彩


色相環は、色相の赤、燈、黄、緑、青、紫を、時計の文字盤のように、循環的に円状に配列したものです
| 色彩関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
グラデーション
メイクアップ


グラデーションは、メイクを行う時に化粧料の色の差や濃淡、質感などの違いにより出来る境界を、色の濃いところから薄いところに少しづつぼかしていく化粧法のことです。

グラデーションは、色や濃度、質感の少しづつ変化させて行います。
| メイクアップ関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ケラチン
皮膚


ケラチンは、硬いタンパク質で、角質細胞や毛髪、爪など細胞骨格を構成する主成分です。

ケラチンは、板状や繊維状になって、丈夫な組織を作ります。またケラチンは、水をはじき、タンパク質分解酵素の作用も受けにくい性質を持っています。
| 皮膚関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
色相(しきそう)
色彩


色相は、光の波長に応じて分解され、人間の目に感じる色の種類のことで、赤み、緑み、青みなどの色味の違いのことです。日本でよく使われているマンセル体系では、10色相が基本となっています。

白・黒など無彩色には色相がありません。
| 色彩関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
カチオン界面活性剤
化粧品


カチオン界面活性剤は、界面活性剤のタイプの1つで、水に溶解して、分子の親水部分がプラスイオンに解離するものです。髪を柔軟にし、帯電を防止するため、ヘアリンスや、シャンプーなどに用いられています。

カチオン界面活性剤は、毛糸洗いやウール用の洗剤、衣服の静電気防止剤、繊維の柔軟剤また、病院の手の消毒用などにも使用されています。
| 化粧品関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
隈取り(くまどり)
メイクアップ


隈取りは、歌舞伎や中国の京劇など、表情を強く見せるために、顔に線状の縞を入れる化粧法のことです。

隈取りは、青、藍、茶、墨などの色で顔を彩色し、そして役によって一定の型があり、役どころを見分ける役割もあります。
| メイクアップ関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
結合線維(けっごうせんい)
皮膚


結合線維は、真皮の結合組織のうちのコラーゲン線維とエラスチン線維をいいます。

2つの線維がネットワークを作って皮膚のはりや弾カを保ちます。幼児の時はエラスチン線維が多く、成人になるとコラーゲン線維が増してきます。
| 皮膚関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
色光の3原色(しきこうのさんげんしょく)
色彩


色光の3原色は、カラーテレビなどに用いられている、赤(黄みの赤)、緑、青(紫みの青)のことです。

色光の重なった部分、赤と緑を混ぜると黄色に、緑と青でシアン(緑みの青)に,青と赤でマゼンタ(赤紫)になり、他のすべての色光も3原色を適当な強さで混ぜ合わせることで作ることができます。

色光の3原色を混ぜ合わせると明度が上がるので、それを加法混色といいます。
| 色彩関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
界面活性剤(かいめんかっせいざい)
化粧品


界面活性剤は、表面張力を弱める作用を持つ物質です。水になじみやすい部分(親水基)と油になじみやすい部分(親油基)の両方をもっており、油と水の境界(界面)に集まって界面張力を下げます。

界面活性剤は、化粧品以外の工業製品にも広く用いられており、油分と水分を細かく均一に混じり合わせる乳化作用、油性の汚れに吸着して、水とともに流し去る洗浄作用の他、浸透、分散作用などももっています。
| 化粧品関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
くすみ
メイクアップ


くすみは、肌の表面が黒ずんだり、暗く見えることです。くすみがあると、疲れて老けた印象になります。

くすみは、乾燥や血行不良、疲れ、不規則な生活などが原因でなります。
| メイクアップ関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
基底膜(きていまく)
皮膚


基底膜は、表皮と真皮の境になる膜で、主にコラーゲン線維などのたんぱく質で構成されていて、凹凸があり、皮膚の弾力性に関係します。

この基底膜の凹凸は、年を重ねるごとに低くなります
| 皮膚関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
視覚現象の3要素
色彩


視覚現象の3要素とは、物が見える3つの条件、光(照明)、物体、目の3つのことをいいます。

このうちのどれか1つでも欠けると、物は見えません。
| 色彩関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
塩化ジアルキルジメチルアンモニウム
化粧品


塩化ジアルキルジメチルアンモニウムは、カチオン界面活性剤の1つで、髪を柔軟にしたり、帯電を防止するのに効果があります。

塩化ジアルキルジメチルアンモニウムは、殺菌力は弱く、皮膚の刺激性も少なくなっています。

塩化ジアルキルジメチルアンモニウムは、主にヘアリンスに用いられています。
| 化粧品関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
キャラクターメイクアップ
メイクアップ


キャラクターメイクアップは、舞台や映画の撮影時などで、役柄に合わせて作りあげるメイクのことです。

キャラクターメイクアップは、演じる役柄の性格、人格までを伝えられるようにメイクを仕上げます。
| メイクアップ関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
基底層(きていそう)
皮膚


基底層は、表皮の最も下にある層で、真皮と波型になって接している境界の層です。

基底細胞が一列に並んで、その間に色素細胞が点在しています。
| 皮膚関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
紫外線(しがいせん)
色彩


紫外線は、波長が可視光線より短く、X線より長い電磁波で、短波長で目に見えません。

紫外線の波長は、400~14nmで、可視光線の紫よりも外側になるのでこの名が付けられました。

紫外線は化学的な作用が著しく、作用として殺菌消毒、ビタミンDの合成、生体に対しての血行や新陳代謝の促進、あるいは皮膚抵抗力の増進などがあります。
| 色彩関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
エマルション
化粧品


エマルションは、乳化物や乳濁液ともいわれ、油と水が細かく均一に安定した混合をしているものです。

エマルションには、乳液やクリームなどの化粧品ばかりでなく、マヨネーズやバターなどの食品にも多くあります。

分離している2つの液体をエマルションにすることを乳化といいます。
| 化粧品関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
重ね塗り
メイクアップ


重ね塗りは、化粧品を重ねて塗ることで、重ねることでより高度な化粧効果が得られ、化粧もちもよくなります。

重ね塗りは、舞台などでよく使う油性のファンデーションの上に、さらにケーキファンデーションをかけたり、油性の頬紅を入れた後、さらにパウダータイプの頬紅を入れるなどがあります。

| メイクアップ関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
基底細胞(きていさいぼう)
皮膚


基底細胞は、基底層にあって、真皮の毛細血管から酸素や栄養を補給されて分裂する細胞です。

基底細胞の1つは有棘、顆粒、角質細胞と分化して皮膚表面方向に移行します。

もう1つはそのまま基底層に残り、次の分裂に備えます。基底細胞は、ケラチノサイトともいいます。
| 皮膚関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
彩度(さいど)
色彩


彩度は、色相の中の、白色・黒色などの交じりぐあいによる鮮やかさ、強弱感の度合のことで、鮮やかで強くさえた色を、「彩度が高い」といい、濁って弱い色を、「彩度が低い」といいます。
| 色彩関係 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。